機械道楽2017

リヤスポイラー

 大丈夫だぁ~君なら出来る(*´∀`人♪

 AJ5でホールデンの場合IFMARの規定に収めないといけないらしい

 まず翼端板は6センチ×6センチ

 リヤスポイラーはボディー本体のサイズを変更してはいけない

 ボディー本体内に収める必要がある。

 まっポリカでちゃちゃっと試作してみよう。

 最高傑作の足を引っ張るようなら、アウディーか!?

 其の場合、AJ5までアウディー持つかなぁ~

 銭臼のリヤハブキャリアが届いたらしい、週末、左右とも新品に交換だ。
 
スポンサーサイト

AJ5

 今年のAJ5の開催が発表されて、此のレース用に昨年末kintapaintfactoryに出していたホールデン・コモドアの塗装が遅々として進んでいる!

 現在の進捗状況は、オレンジのカラーを塗るとこまで来た、そこで大問題だよPC前の諸君、↓のオレンジをどうするか、前作2007年型の蛍光オレンジではちょっと違う、さりとて蛍光レッドではと思っていたところ、先週末にケイチューンへkintaさんに出張ってもらい、このオレンジ大問題について協議した。

 其処はさすがプロだった、サンプルカラーを作ってきてくれてだね、そのうぅぅぅ~何だよ!

 何だかオレンジとゆうのが近そうなので、それで行ってもらうことと成った。

 まだ完成していないのだが、是迄で最高のボディーに成ることは間違いない、問題は此れを下ろすことが出来るかどうかだよPC前の諸君!。

 あっホイルもオレンジに塗ら無いといかんな、蛍光レッドでいいか、形状からしてホイルはGRPが合うのだが、11月に使えるタイヤがあるかな?????

 楽しみが尽きないねぇ~♪

hrt7

センタックス

 今日は帰りはひどい渋滞で、10時ごろまで時間を潰したのにまだ渋滞していた。
 本来なら、一昨日、昨日、と走って今日はまったりのはずがね、皆考えることは一緒で天気の悪かった分 今日に集中ってことでしょう。

 今日はTOUREXセンタックスクラッチスプリング2.9ミリ、3.19ミリのテスト、道すがら、2.9で「うわっはっはっは~(*´∀`人♪と、妄想を膨らませながらケイチューン到着!

 トランクを開けたら、あれ?????? !

 のうぅぅっぅぅぅぅぅぅぅぅぅ~

 銭臼を家の入口の壁に立てかけて、そのまま忘れて来たわぁ~!

 とりあえず、水筒をテーブルに置いて1/5仲間に挨拶し、「忘れ物を取って来ます(`・ω・´)ゞ」と挨拶して、取りに戻ってくることから始まりました。

 さあ、若干予定が狂ったがセンタックスをバラしてスプリングを本命の2.9ミリにして、早速走ってみました。
 
 スプリング締め込みはノーマルと同じ1回転と25分ぐらい。

 走り出してみると、したのミートは、3.0よりマイルドでは知りやすい、そのまま数周で21.2秒まで出た、此れはいけるじゃないね!そう思った翌週回から、急にクラッチの切れが悪くなり、立ち上がりもクラッチミートが強くなりあっと言う間に走らせづらく成ってしまった。
 これはダメだ、10週回もせず2.9ミリは諦めてクラッチスプリングを3.19に変更してアタック!

 今回は、クラッチスプリングの締め込みを1回転と45分締め込んでみた。

 ピットからの走り出しから、ミートポイントは3.0より高いものの、クラッチミートはマイルド、此れは良いか!?
 走り出すと、中速域の加速がクラッチが滑る分加速が鈍いような??
 高速域は、クラッチが食って伸びている感じがする。

 そのまま、真のRCベテランtom4さんにお手合わせ願ったが、是迄のフルノーマルエンジンの良さの低中速の加速の良さがなくなってしまった感じだ。
 立ち上がりから真のRCベテランtom4さんが詰めてくる。
 得意の第2セクターでも真のRCベテランtom4、が速い。

 シケインが曲がらないので十分減速したら!

真のRCベテランtom4:かっニシャ、車を止めっじゃねぇよぉ~!!!!!

 シケインでtom4さんに気合を入れられました。

 さて、どうらやらクラッチスプリングの締め込みが多すぎたようだ、そこで、スプリングを5分!いや10分位?戻してみた。

 どうやら此れが正解のようで、3.0よりクラッチミートがマイルド、しかし中速の伸びは是迄の鋭い感じで、クラッチのミートフィーリングも2.9と違い数週で変わってしまうこともなし。

 上々の結果と成った。

 クラッチスプリング
 予想外に3.19が良かった、2.9は冬に使えるか? 
 2.9は要らなそうだ。
センタックス29
 クラッチベルクリアランスは0.7

 銭臼純正よりTOUREXの方が好みかな?

 銭臼の調子は本日も上々、次回の走行が楽しみだよPC前の諸君!少し大きい文字

比較表

 銭臼の調子が上向いてきて、待ちに待った3連休到来!

 が、しかし、梅雨空到来により、今日、明日 雨。゚(゚´Д`゚)゚。 

 んな訳で、先週のタイムを見ていたら、自分のベストラップとミネイブン選手のラップの中にほぼ同じラップを発見だ。

 早速それぞれ切り出して比較表をだね・・・(仕事でよく作るな比較表・・・)

 此方は銭臼、ミネイブン選手はRS5とゆうことで、シャーシの特性が垣間見えるわけだよ。
 左から2番目から、セクター1・セクター2・セクター3

 セクター1・中速
 セクター2・低速
 セクター3・高速
 
 以下の比較表から銭臼は低中速、特に低速域。
 RS5は中高速、特に高速

 と云うことがよくわかった。

 セクター3のタイムがちょっと上がれば、伸びしろ有りますよ、と思ったPC前の其処の君!

 困るねぇ~、セクター3はストレートだよ、其処でタイムを削ろうとしたら、お決まりのモア・パウァ~
 此処は銭臼が得意な低中速に磨きをかける!
 此れだね( ´∀`)
 比較表

リヤスタビ

 前日のトーイン騒動により、ろくでもない走りだったため、やはり台風が停滞して湿気た熱い空気漂うケイチューンに行ってきました。

 まず、ほぼ慣らしは完了したエンジンは予備として温存。
 トレクスのセンタックスが付いたG240に換装!

 ひとまず走って、エンジンは快調、銭臼もよく走るのを確認して、昨日やるはずだった、リヤスタビライザーを4ミリから5ミリへ変更します。
 因みに、リヤスタビライザー5ミリシャフト、カップ、スタビライザーステーで¥13,000ですよ、泣きが入りますな。

 さて、何故リヤスタビを太くするのか!

 蟹漁全盛期、真のRCベテランtom4さんから、コーナーで外が沈み内側が浮き上がると、内側のトラクションやグリップが抜けてだね等々指南を賜ったのだ。

 しかし、銭臼はリヤ 4ミリしか無いと思っていたら、銭臼XR4にはリヤスタビがオプションで4.5 5.0が載っていた。

 これだよぉ~(*´∀`♪

 てな訳で4ミリから5ミリに変更して早速その効果を堪能しようじゃないか!

 ・・・・・・・・・・・・・・なんとゆうか、変更したのはリヤスタビなのだが、ステアリングの初期の反応が、良すぎわしないか?

 いや、けっして、フロントの動きにつられて、リヤがスライドすると云うことはない。

 う~~~ん、栄光を掴むにはこの位を御せないと駄目なのか!?

 いやまて、栄光より楽しいラジコンだ、私が追い求めているものとは違う!

其処でまたも真のRCベテランtom4先生に指南を受けた!

 どうやら、そう云うときはフロントのリバウンドを減らすのが良いらしい。

 銭臼のリバウンドを図ったら。

真のRCベテランtom4:こんなにリバウンド摂っているのか!

 と驚かれていたが、其処から「1ミリ減らしてみたまえ君ぃ~♪」

 正直、1ミリリ程度では変わりゃしねぇよぉ~♪と心のなかで思っていた。

 で走った結果はだね。

 こりゃこてらんねぇ~♪ 1/5がますます楽しくなってきたぁ~ヽ(´∀`)ノ

 リヤスタビ
 外側のホルダーが逆さまですよ?
 PC前の諸君、心配無用だ、これは赤い狼さんが編み出した改良で、こうすることで路面に置いた所で水平に成るようオフセットを付けているのだよ。

 いやぁ~週末の3連休がまちきれないねぇ~♪
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
回転計
検索フォーム
リンク