機械道楽2017

兵どもが夢の跡~♪

 1/5を初めて早、8年だよ~そして遂に真の栄光を掴んだのだよ PC前の諸君!

 優勝~♪

 RCはexp:やきいも君からのいらぬプレッシャー、決勝レースでは行く手に立ちふさがる兵どもに、勝利の女神が微笑みかけてくれましてね、「団超」は高速S字先の芝刈りに、「tao」さんにはキャブレター固定ボルト破断、更に本命とみなされていた「真のRCベテランtom4」さんはエアボックス脱落と、数々のドラマが起き、出走11台、完走5台と有サバイバルレースを制したとゆうわけなのだよ。

 操縦台から降りてきた所で、「団超」が7pxを高々と抱え上げ「「勝てたのは此のモビルスーツの性能のおかげだな」とゆう、すいませんそれは負け惜しみ・・・(´ω`v)

 しかし、7pxは素晴らしかった、あの大きなハンドルは最高だよ(´ω`v)
thumbnail_1-5コンペ Aメイン

 写真提供:tomu4 PROJECT
スポンサーサイト

7PX

 7PXが先月発売になったが、なんだか入荷数が少なく、発売したのに気が付いて、購入しようとしたら軒並み売り切れとなっていた。
 そして、先週頃再入荷、前回は新発売ゆえ、最新型を一刻も早くとゆう層で瞬く間に売り切れたが、今回はもうご祝儀相場を過ぎていたので、各店で在庫になっていた。

 是までプロポはナルちゃんホビーで購入していたのだが、なにやら変則営業中のようで、今回は「熊次郎師匠」御用達、RCアドバイザーチャンプからの購入となった。
 一番安かったね!

 タッチパネルだよPC前の諸君!

 ブルーライトカットフィルムを張り付けようかね!

 所で、7PXに装備されているスニュータイプ用のスーパーレスポンスだかは、銭臼に搭載している飛行機用BLS177は、その名の通り飛行機用なのでスーパーレスポンス非対応!

 なんてこったい、ファンネルコントロールできないじゃないかね困るよ君ぃ~♪
 

台風一過で巻き巻きの巻き!

銭臼exp:ito まだまだぁ~( ´Д`)y━・~~リヤのサスタワーが砕け散るほど追い込んでこそ真のジェニ使いだぞキミィ〜

 是はこれまでのRC歴で磨き上げた感が言ってくる! 「それは違うだろう君ぃ~(´∀`*) 」と!!!

 掴みは凝んな所で、本日台風一過でケイチューンの山道は木の枝が散乱、そのままではインプレッサのボティーに傷が、付くので、その枝をかたずけながら山を登り、入り口近くで強風に煽られた草木が道にせり出してきて、アイサイト作動!!!

 無事コースに着いて走行前の準備が整ったところで、仙人様がコース清掃をしていたので、ブロアー片手にトラノスケもコース清掃に。

清掃終盤の事
仙人:あの奇麗に揃えられた、碁石みたいなのは何かね君ぃ~(。´・ω・)?
シカの糞
 鹿の糞だった(つД`)ノ
 ケイチューンには野生動物がよく来るが、ラジコンコース内に御馳走は無いぞと説教してやりたい。
ピニオン
 砕けたピニオンの補修部品が来たので銭臼exp:itoさんに借りていたピニオンと交換するため袋か取り出すと、ピニオンギヤも肉抜きがなくなって強度アップ!?
 此れで、ピンの箇所にガタが出なくなる? しかし、ロックタイトで接着により、その問題は克服していたのでここはこれまで道理でよかったが・・・
 スパーギヤが重くなり、ピニオンギヤも重く、銭臼は普通の強度の車になりつつある。
センタックスクラッチシュー
 TOUREX製センタックスクラッチ、使い始めて1年近く、まだ一つ目のシュー、まだ行けそうかな?

 さて、どうも巻き気味とゆうより、完全に巻く状態だった銭臼

 とにかく、色々やったが一向に解消しない、このままでは今週末のカレラカップは「実家のk-tiger3」が危篤で出場不能、等と危機的状況だったが、最後にフロントスプリングを一段固いものに交換して解消に向かい、週末k-tiger3は元気に鼠を追い回していそうだ(*´∀`人♪

台風一過!

 明日は台風一過で・・・・・蒸し暑いかな?

 晴れるのなら、ケイチューンへ銭臼を走らせに行きたい。

 実は先週、ダンパーをmp9用を使っていて、これまで好調と見ていたのだが、ステアリングが渋くないかチェックしていたのだが、その際、スプリング受けの位置がした過ぎて、ナックルアームがブレーキパイプをスプリング受けと挟んでステアリングが切れなくなっていた。

 こっ是までこのままで走っていたのか((´・ω・`;))
 それを直して走り出したら、劇曲がる・・・・・いや、曲がりすぎ、曲がらないのに巻く? いや 切り始めからね・・・
 セクター2はいいが、これは無理、次回の課題である。

 更に、3年ちかく走らせて来て、ブレーキレバーの支持点が削れてガタガタ、新しいブレーキレバーに交換、更にリヤはブレーキマスターシリンダーを分解、真のRCベテラン:tom4にゴムパッキン用のグリスをもらい、たっぷりとビストンに塗って組上げたら、マスタシリンダーのオイルが通る穴にグリスが詰まって、ブレーキオイルを入れ替えられなくなった。
 REDWOLFRACINGSERVICEの活躍により無事組みあがり、走り出せば、ブレーキが効きすぎる、特にリヤ、コーナーでブレ気をかけると、サイドブレーキを掛けたがごとく。
 此れも調整がと思っていたところでスパーギヤが砕けてね↓
 此れも課題だよPC前の諸君!

 明日はやることが盛りだくさんだ。
 
 ↑の様に楽しいことがいっぱいで、

これで真の銭臼使い!

 銭臼と云う車は、性能向上が為には、無用な強度、耐久性は不要だよ君ぃ~♪
 てな、考えで作られている。
 その最たるものがスパーギヤで、購入当初に見たときは 1・5でこれで持つのか!?
 かなり不安を覚えたが、その不安は見事的中したのだが・・・・・

 先ずは、赤い狼🐺さんのスパーギヤにクラックが入り始め、去年のホクセイサーキットでのAJ5でクラックを溶接していたものの見事にスパーギヤが砕け散った。
 赤い狼🐺さんは、大きいクラッシュが時々あるしと持っていたのだが・・・
 何と、銭臼exp itoさんまでもね、カレラカップ予選で砕け散った。

 この時点で、トラノスケ銭臼のスパーには何の問題もなかった、「ニシらぁ~飛ばすかっだよ!」そう思っていたのだが、もしや、「此方の銭臼はまだ性能を出し切って居ないのでは?」(三菱がギャランVR4でWRCに出てた折、ドライバーからトヨタはミッションが壊れるほどパワーが出ている、VR4のミッションは丈夫に作られていたのだが、翻ってこっちはミッションが全然壊れないてことはトヨタよりパワーが・・・なんて話が合ったそうだ)おっと!これはまずい疑惑が持ち上がってきていたのだよPC前の諸君!

 しかし、昨日、台風が迫るケイチューンのストレートを走行中、急にエンジンが吹け上がる!?
 ドライブピニオンが外れたかと、ピットまで惰性転がしてきた銭臼をのぞき込んだら
 いやいやぁ~困るね君ぃ〜♪スパーギヤが無いよう!
 此れで遂に「真の銭臼使い」かねぇ~♪

団超:あそこに何か落ちてるぞ!?

 団長が指さした、ストレートから右バンクには入り口あたりに、確かに、丸い何かが落ちていた。

 スパーギヤを砕いた後に何が起きるか語って終わりにしよう。

 流石に「銭臼」も「攻め過ぎた」と反省したのだろう、スパーギヤが砕けて補修部品として届くスパーギヤは外周に伸びる放射状の柱が、かなり太くなって強度が大幅に向上しているように見える。
 ちなみに、こうなることを予見していたトラノスケは抜かりなくそのスパーギヤを予備に買っておいたのだよPC前の諸君!

スパーギヤ
スパーギヤ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
回転計
検索フォーム
リンク