機械道楽2017 2017年06月

簡単だよ君ぃ~♪

 銭臼expからそりゃ簡単だよ君ぃ~とカキコがあったが、今週は、タイヤロゴでネタが続くと云う予想外の展開だよPC前の諸君!

 1/5はネタがどう転ぶかわからない。

銭臼exp ito:そんなもんホワイトの上からポスカでちょいちょいとだな〜_φ(・_・

  以前黄色を塗ったことが有るのだよ P-ZEROで・・・・タイヤゴムの黒いのが透けて走り出すと全くわからなかった・・・ ほほう、そうすれば、赤、黄色、水色で、タイヤの黒い下地で色が鮮やかに成るのを防げると!?

 やるじゃないか君ぃ~(*´∀`人♪



 
スポンサーサイト

そりゃ君の・・・

 銭臼exp ito:キイロや赤もいいのぅ( ´Д`)y━・~~宿題だぞキミィ〜

 一道楽者に言われても困るんだよねぇ~♪
 
 そう言う道を切り開くのがexpの使命じゃないかねぇ~! 

ピレリだよ君ぃ~!

 銭臼exp ito:ピレリと読むのだよ君ぃ~♪

 むうぅぅぅぅぅぅ・・・・・

 確かにピレリと書いてある(」*´∇`)」


 ↓を観てだ、リボンとかラインとか聞いてしまうと、「ピレリも知らないのかね困るよ君ぃ~!」と言われてしまうぞ、「ピレリ格好いいですね」と言うように頼むよPC前の諸君!
タイヤリボン

本調子!

 ガンダルフの杖
 いやしかし、まさか3本もガンダルフの杖になっていたとは思わなかった。
 さて、リヤサスシャフトを交換、ロアアーム外側ベアリングを打ち替え、フロントアッパーアームのベアリングを交換しようとしたら、右アッパーサスシャフトが抜けない(´;ω;`)、で、よくよく見るとサスシャフトがガンダルフの杖の様になっている。
 引っこ抜くのが大変だったよ。
 フロントアッパーアームのベアリングを交換すると、ガタは皆無!
 サスアームの動きも滑らかだったと思う!
 リヤトーインの左右角度が同じか確認後走行してみた。
 マイラップ17/6/24
 セッション1-3
 GRP P1 安定のアンダーステアで是迄と同様の手応え!

 セッション4
 PMT X3 いやぁ~全くタイヤがグリップしない、使い古しは駄目の様

 セッション5
 PMT X5 曇ってきてしまったが、他にタイヤがないので新品、新品だが全く曲がらいぞ(*´ω`*)
 が、途中から左右で曲がり方が変わってきたぞ、更に巻くように?
 流石にこれは壊れていると直感が騒ぐ、車を回収してフロントを調べると
整備不良
 ナックル下側のネジが抜けかけていた!

 セッション6
 各所増し締めをしてコースイン・・・・
 此の手応えは銭臼購入当初の動きとそっくりだよPC前の諸君!
 リヤが押す押す!
 特にコーナー立ち上がりで、調子の良かった感じでアクセルを開けると、アウトフェンスいっぱいに膨らんでしまう、そう成るとタイヤがゴミを拾ってだね!
 曲がらないのに巻くときであれば此れでくるくる巻き始めたが、今回は違う!
 フロントタイヤが汚れを拾い更に曲がらなく成る!
 右高速コーナーで、曲がりきれずに芝生へ飛び出すほとだった。
 なので、右高速コーナー手前でブレーング、インをペタペタ回るしかない。
 高速コーナー後半 計測ライン手前でちょっと加速しようとすると、あっと言う間に外に膨らんでしまう。
 コーナー後半、若しくは立ち上がり、ものすごいアンダーで全く握れないよPC前の諸君!
 いやぁ~曲がらない、ひとっつも曲がらないねぇ~♪

セッション7-8
 すっかり厚い雲に覆われた夕方、全くグリップしなかったX3にグリップ剤を置いてきちまったので、パールクリナーを吹きかけラップしてみた。
 曲がらな無いだけで巻くことはなかった。
 今見ると、グラフがギザギザで非常に不安定な走りなのがよく分かるねぇ~♪
 曲がらないからと無理に突っ込みすぎるのを治さないとな

 しかし、サスシャフト、サスアームベアリング交換が影響してるんだろうとは思う、が此れほど曲がらなく成るとはね。
 折角だから此のトラクションを活かす方向で何とかならんものか、実験していこう。
XR4-1
銭臼exp ito:↑此れでXR4に何時でも乗り換えて大丈夫だよ君ぃ~ヽ(´∀`)ノ!
 リヤシャーシエンドを切断しカーボン板で繋いだ処、好調のよう!
 しかしそれならXR3Rが良いんじゃないかと云う有りがちなオチになる。
 
タイヤリボン
 此の日、銭臼exp走りを見ていると、タイヤマークを貼って、若しくは塗っている!
 操縦台前のターンは、タイヤの回転が見えてえらく格好いいじゃないか!
 一体、なんのロゴがと確認しに行った。
 何とサイドウォールに修正テープで、白いラインを2箇所入れているだけだった。
 お手軽簡単、走り出せば格好いいと非常に良い手本を見ることが出来た。

 帰りに書店の文具コーナーで修せイプを買ってきたよ!

カキーン!

 前回の走行で、復調した銭薄にGRP P1を装着して21秒台に!

 と攻めていたらだ、攻めすぎてねぇ~

 中ストレートからの高速S字、左、右と切り返す所で、あらぁ~曲がらない!

 カキーン!

 とやってしまったのだよ・゚・(つД`)・゚・

 フロントアッパーアームを砕いたかと思ったら、持ちこたえたらしい!

 が・・・・・つい先日まで悩ませた状態に戻ってしまって、巻き巻きじゃないかね!

 思い当たるフシは十分ある!

 ピットに戻ると、今度は右リヤのトーインが・・・・

 サスシャフトがひん曲がっている!

 予備がないので、曲がったシャフトをプライヤー等でだいたい真っ直ぐにして此の日はしのいだ。

 どうやら、サスシャフトの予備が結構必要か・・・・しかし、純正品は高い。

 そこで、以前真のRCベテランtom4さんからアドバイスを貰っていたミスミに登録して注文してみることにした。

 丁度良い塩梅に実家は自営業! 問題なく登録でき早速シャフトを見ると。

 材質は、鉄、ステンレス、チタニウム、樹脂から選べる。

 シャフトでなくロッドのカテゴリーだと1本100円!
 
 さらにシャフトカテゴリでは高周波焼入れ、面取り、制度が指定できるらしいのだが、記号を観てもさっぱりだ。
 Eリング用の溝まで指定できる。

 だが、高周波焼入れは流石に高かかったので、2本だけ頼んでみた。

 さらにイグスにベアリングを大量に注文した、これまで真のRCベテランtom4さんのを譲ってもらっていたが、此れでもう迷惑をかけることもない。

 6×5×6 6×5×15 7×6×6 7×6×10 

 ↑以上ですべてのベアリングを交換できる、更に耐久性も上がるはず!

 DDMからはエンジン部品が到着!

 此れで、準備万端?

 なんてっこったい、土曜日はエンジン修理、サスシャフト交換、そのベアリング交換、忙しいじゃないかね!

 走れるかな・・・・

塗装!

 此処のところの「巻く」減少の対処に手一杯だったがやっと一息ついた所で、RS5の塗装をやらなければ、kubotaカラーのRS5はボロボロ、「ニシいい加減それは廃車に!」と各方面から声がね・・・

 其処で、塗料、局面用マスキングテープ等を注文しようとすると、これがRCショップで揃わないよPC前の諸君!

 数店のHPを観てみた所で、ヨドバシカメラの広告が表示された!!?

ヨドバシカメラでRC売っているのか?????

 その広告をクリックしたら、売っていた、3Mの幅広マスキングまで有るじゃないかね!

 てな訳で今週末はルマン24時間を観ながらRS5の塗装だ!!!

我らの銭臼 2

我らの銭臼2
 本日、YOU TUBEを開くと、ベルが赤くなって何かを知らせている!

 クリックして確認すると

 真のRCベテランtom4さんのtom4 FG EVO 2020に、「COOL」とコメントがついている!

 何がそんなに冷たいのかね君ぃ~!


 そして、次に目に止まったのが、RS5はいいね!4 銭臼いいね!3・・・・ FGにはコメントが付き、RS5は良いねが付く、そして我らの銭臼は・・・・

銭臼exp ito:質より量だよ君ぃ~!

 と言うけれど・・・・・

 数で勝負かぁ~、数で勝負だな!

一難去ってまた一難!

曲がらないのに巻く・巻き巻き 対策に忙殺されていた昨今、無事その迷宮を抜け出しタイムアタックをしていると!

団超:ニシがエンジンの音、それでいんか?

 そう、その前日に気がついたのだが、エンジンを掛けるとアイドリング状態で「カラ・カラ」と何やら妙な音がしている、更にエンジンを吹かすと音が濁っているような?

 こんな音は以前にも聞いたことが有る、なんてっこったい! 今年から使い始めたエンジンがぁ~僅か半年でオシャカ!

 思い当たるフシは、PTSのあの点火システムで、色々有ったからなぁ~

 思い当たるフシは大アリだったよPC前の諸君、明日はエンジン載せ替え、オシャカの230をバラして音の原因を特定。

 DDMで240本体が$99で売られているので、本体交換して230→240にコンバートだ!

戻ってきた!2

復活

 前日の土曜日だけでは、解決できなかったので開けて日曜日も銭臼の調整。

 セッション1・2
 朝一で走り出す・・・
 やはり、リヤサスそして、削ったガルシューがね!

 まずは、リヤダンパーを外してサスペンションアームがスムーズに動くかチェック→問題ないね!
 其処で、リヤトーインを2.5→3.0に、銭臼、泣き所でねーハブキャリアを外さないといかんのだよ。
 悪戦苦闘して3.0に変更。
 ガルシューは新品が有るのだが、試しにM5のイモネジをガルシューへ捩じ込んでみた。

 セッション3
 少しマシになったが、まだ可怪しい? でよく見ていると左右で曲がり方が違う、右だけ巻くぞ!
 ピットに戻ると

真のRCベテランtom4:左のトーインが少ないじゃ無い?

トラノスケ:セットアップゲージでちゃんと合せてますが?

 で、見てみると確かに左リヤトーインが少なく見える。
 其処で、「団超」自慢のリヤトーイン測定用アルミ金尺を借りてリヤホイル左右に当ててみると。

 左のトーインが少ない!

 左リヤハブを掴んでみると、かなりガタがある、サスアームに挿入しているベアリングがすり減り、潰れている。

 tom4さんからイグデュールを分けてもらい、ガタは解消。
 いやトーインは、金尺で右側のトーインに合わせた。

 セッション4
 巻かなく成ったぁ~♪ 此れで一安心だよ。

 セッション5
 ガルシューをノーマルに戻す・・・のぉぅぅぅぅ こっちの方がいい

 セッション6
 真のRCベテランtom4さんを見習ってホビーセンター製ベンチュリーにして、キャブ口径を少し絞る。
 此れも良かったが、エアボックスが走行中外れてね・・・

 セション7
 ベンチュリーを戻すが、タイムは同じ・・・

 セッション8~最後
 タイムアタックできる状態に成ったので、P1で21秒目指してぜんかぁ~いだよPC前の諸君!

 無事21秒台に入ってめでたしめでたしで終わると思った其処の君!
 甘いね、甘すぎる!
 
 次回「一難去ってまた一難」

戻ってきた!1

 銭臼の走りが戻ってきたが、此れが先週であれば!!! 悔やみきれんよPC前の諸君!

壊れている
 先週のカレラカップは過去最低となり、その原因はGRP P1と言いたい所だがしかし・・・・・、いくら温度が低かったとは言え、あまりにグリップしなかった。

 其処で、此の日はPMT X3で様子を見た、そして大変なことが判明した。

 アルティのグリップ剤を塗って走り出したが・・・

 そして、また P1で走ってみる・・・・・

 仙人様からGRP最新作 M1を借りるが・・・(同じく借りたtom4さんは快調だと!?)

 これで、「壊れている」のが決定的となったが・・・・・原因がさっぱりだ。

 リアサスペンションのセットアップをやーこく・硬くしてみたが、硬いほうがマシだったが巻くのは収まらない!

 すべてのコーナーで巻くとはどういうことか?

 中ストレート立ち上がりの直線、左右にドリフトしてしまう・・・

 正に頭を抱えて家路についた、迷宮真っ只中だったよPC前の諸君!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
回転計
検索フォーム
リンク