機械道楽2017 2017年07月

カレラカップ第五戦 序章

 今にして思えば。、前日の土曜日から兆候は有った。

 土曜日、PMTX5を試すべくコースイン、タイヤを温めていると、WAKO'Sと書かれたアルファロメオがえらい勢いで迫ってくる。

 タイヤのグリップはまだ上がらない、此処は当然らいを譲らねばならんよ!

 てな訳で、高速Sの先のターン入りでアウトに寄ってラインを空け・・・・・

 アウトに膨らんでラインを空けたら、WAKO'Sと書かれたアルファロメオが此方に来るじゃないかね!

 のうぅぅぅぅぅぅぅぅ~!

 「まっ弘法も筆の誤り」とはよく言ったものだが、しかし、expが此れでは困るねぇ~ってな事があった。

予選&Bメイン

 予選1回目は、GRP M1、エンジン降ろしたてなので、燃調は濃い目、なのでタンク1/3でアタック。
 真のRCベテランtom4さんのタイヤに優しく、を心がけ、7番手タイム、タイヤも程よく溶け、表面の荒れも殆どなかった。

 予選2回目は、PMTX5、此れは去年の夏に買ったのが残っていたので、今使い切らないと出番が2度と来ない!
 コース改修後のケイチューンはタイヤに優しすぎて硬めのタイヤに熱が入りにくい→グリップが上がってこない。
 ピットロードに銭臼を置いてスロットルを吹かすが、車が動かないぞ?

 操縦台から降りて、車をチェックすると、デフは回っているが?

 まさかドライブシャフトが、とおもったら、右リヤタイヤにナットがね・・・・・・

 1回目よりタイムアップはしたが、他選手の伸びのほうが大きく予選10番手
 Bメイン3番手となった。

Bメイン

 さて、決勝は上位3代が勝ち上がれるのだが、「トラノスケ」の前2台は、T石&O木選手、そして後ろはザッキー&I澤選手と、此れは結構厳しい展開を予想ししていたのだよPC前の諸君!

 スタート後、T選手を交わした後は、後方で熾烈な順位争いでペースが上げられなかったのが、トップで抜きん出れて予想外に楽な展開になり、危なげなくAメインに勝ち上がれた。

 明日の「Aメイン決勝編」へ続く!

 PC前の其処の君! 楽しみに待つがいよ!(*´∀`人♪

 
スポンサーサイト

今にして思えば・・・いや、あの時一緒に!

 EP全日本選手権を1週間後に控えたケイチューンへ、エンジンの鳴らしの為行ってきました。
 朝到着すると、エンジンで来ているのは「トラノスケ」のみ(・Д・)ノ
ep最高速
 いやしかし速い速い、EPツーリングがこんなに速くなっているとはね。
 コースの広さがちょうどいい感じに見える。
 最高速も1/8レーシング以上を軽々出していた。
 1/10GPを超えてしまってますな。
インフィニティ
インフィニティ2
 インフィニティーの看板が増設されてましたが、インフィニティって日産のイメージがね・・・
コンロッド
 ビッグエンドが焼けてきて異音の出ていたG230をDDMからG240本体のみを購入して、イグニッションコイル、フライホイル、キャブレターを移植、エンジンマウント、クラッチを取り付けて鳴らし開始。
クランクシャフト
 クランクシャフトが焼き付くには原因が有ると、「赤い狼」さんがクランクを確認すると、l圧入されているクランクがズレるとゆう、良くあるトラブルが出ているのが判明。
 こうゆうのはチューニングエンジンのみ、と思っていたが、そういえば此の230 TPSのイグニッションで色々あったなぁ~とね。
バストス
 さて、エンジンを載せ替えて、ニードルはそのまま走ったが・・・甘すぎた。
 しかし、甘すぎて壊れる事もないのでそのまま走りきり、2回目から徐々に絞りましたよ。
 そして、ほどほど絞れて、ストレートも65キロくらいの所で、切所は三戸ラジコン公園で走ったまま、タイヤも三戸で使い古したGRP P1だったのだが。

 此れが、シャーシがエンジンパワーを上回っている状態で、走らせていて手応えが素晴らしくいい、走行中のボディーのカラーリングを堪能することが出来る。
 バストスに金色のホイルはバッチリだねぇ~と見惚れていた。

 こりゃぁ~いいやぁ~と、バストスからバルボリンにチェンジ!

 走り出して数週後、S字コーナー先のターンを立ち上がったと思ったらイン側に銭臼が一直線に。
 フェンスにぶつかった後は、ブレーキも効いていてエンジンが吹け上がることもなかった。

 がしかし、大事なボディーに変えるとこうゆうことが起こるとはどう云うわけかね、困るよ君ぃ~!

 アウディーのフロントリップにひび割れが入り、ボティーポストのマウント用アルミの板もひん曲がってしまった。

 ノーコンかと思われた銭臼をチェックすると、ステアリングサーボからギョワギョワと盛大な異音が発生している。

 フタバのBLS-177SVが壊れることはないと思っていたのだが、使用期間2年半ちょっと、是迄の数々のクラッシュを顧みれば、2年丁度でメンテナンスに出しておくんだったと・・・・・

 スロットルサーボの修理のときに一緒に出しておくんだったと思う・・・・・覆水盆に返らずを噛みしめる連休最終日だった。
 

予選

ヨーロッパ選手権 予選 現在 順位

銭臼
メカテック
銭臼
メカテック
銭臼
不明
メカテック
メカテック
銭臼
メカテック
 
 トップ10は銭臼とメカテックが殆ど、タイヤはGRPが良いのかな
 1/5はfutabaが多いね

EFRA LSTC Euros - Thursday Qualifying - LIVE!

今年の1/5ヨーロッパ選手権が始まりましたよ。
 

みちのく紀行 最終回!

 前日は雨だったのだろうか? 降っていなかったような感じだったが・・・いや、雨上がりだったヽ(´∀`)ノ

 正にABEちゃんの四駆の出番だった。

 さて、道楽遠征用に買ったはずのインプレッサ、もうじき3年、車検を迎えるが、是迄、ケイチューン往復以外に使った試しがない。

 なんの為にぃ~!と云う状況だったが、遂に県外に飛び出す時が来た。

 往路は8時間半、復路は9時間半かかった・・・渋滞は一切なかったのだがなぁ~

 往路、東北自動車道初走行、なので地名を見ても今、どの当たりで、全体位置でどの位かさっぱり解らない。

 ダイナマックスを運んでいるトラックに遭遇、ラッピングしている、しばし並走。

 どんどん下ってゆくと地名も読み方が解らん!

 さらに、サービスエリアもなんだかだんだんショボく・・・

 朝なので、軽食しかない、コンビニが有るかと思えば・・・

 仕方なく、微妙なハムカツサンド、オレンジジュースを買って外のベンチで食べるしか無かった。

 盛岡で4号線に降りてからは楽しかった。

 景色が最高で、雲のかかったあの山の名前は?などと思いながらドライブを堪能できた。

 往路、翌月曜は休みだしゆっくり帰るかで、途中一枚撮ってきたのが此れだ↓
販売店
 ヤンマー・クボタ・ヰセキの販売店が道沿いに有るのだがどれも、トラノスケのインプレッサを買ったスバルのディーラーよりはるかに規模がでかく綺麗だ!
 ショールーム:作業ピット・ガレージ?と揃っていた、しかし ショールームいるか!?

 暑いので、ローソンに寄り、氷いちごで一服!

 その後現れたのがでかい道の駅、こりゃぁちょっと見ていくしかねぇよ!

 どうも寄り道ばかりしていたようだPC前の諸君!

 最後に、ABEちゃんの地元だから、おみやげは良いかな?

 が、いつも

 ABEちゃん:いいんですよぉ~(*´∀` ♪

 とニコニコしながら受け取るさまを思い出すと、やはり手ぶらは不味いのでは!?

 那須のサービスエリアに緊急ピットインしてABEちゃんへの土産を購入!

 三戸ラジコン公園を4時出発、1時40分到着、9時間半で、今回の「みちのく紀行」はを楽しませてもらったよ。

 宿を手配してもらった仙人様

 テントの提供、ラップタイム計測をしてくれた「めがねやさん」

 ありがとうございました。

後書き・・・

 所で「ヰセキ」はイセキと読むのだよ、キセキと読んでは居まいなPC前の諸君!

完遂!

 真のRCベテランtom4さんからの指令を見事完遂!

 炎天下の撮影は過酷だったというほかない。


 

梅雨空は大事だと痛感・・・

 青森に梅雨はない!

 仙人様の此の一言で決めた、梅雨空のケイチューンよさようなら、こんにちは避暑だ、三戸ラジコン公園!

 でだ・・・・・だし蟹梅雨はなかった、無かったのだが・・・

 春梅雨夏秋冬の順番が梅雨が抜ければ夏だよPC前の諸君!

 土曜日は雲一つない快晴! 日曜は雲は有ったのだがコースにかからない。

 三戸ラジコン公園は山の頂に作られていて、まるで「マチュ・ピチュ」「山城・三戸ラジコン公園三の丸」ってな感じだった。

 土曜日
 パラソルを持ってこなかったのをこれ程悔やむことはなかった。
 操縦台、ピットも炎天下の中で、大変だった、走行も10分ほどが限界。
 頭がくらくらする(°_°)
 路面の方は、細かい小石が浮いていて、「蟹路面」、しかしケイチューンの蟹と違い、此処の蟹はタイヤに喰い続けることはない、ラインから外れても、ちょっと走るとタイヤから離れてしまう。

 路面が、ザラザラなので、タイヤから削り落とされるようだ。

 走り出すと、ケイチューンのセットではフロントが勝ち気味!
 初期の反応も良すぎる

 フロントキャンバーをネガティブに、フロントアッパーアーム外側のシムを6ミリ→4ミリ

 此れでかなり良くなった、よく放ったが仙人様のエコレーサーの方が速いのはどうしたことか!

 いろいろ試したいところだが、此処は4時まで、そして 此の炎天下はもう限界!
 と云うことで1日目は此れで引き上げ
三戸 快晴
 日曜日
 此の日は、地元「めがねやさん」がテントを張ってくれました。
 此れでピットでは、日差しから逃れられました。
三戸 快晴2
 いやぁ~夏って感じだ。
三戸 快晴4
 飛行機雲、
三戸 快晴3
三戸 タイヤ
 タイヤはGRP P1 此処では何と銭臼になってはじめてリヤタイヤのほうが先に減ってきた。
 日曜は、前後を入れ替え!
三戸 タイム
 此の日一番のタイムを叩き出し・・・いや、そぉぉぉぉぉぉ~~~っと走って達成。
三戸 タイヤ2
 2リッターでほぼ使い切った。
 2リッターと行っても、アクセルはほとんど握れない、全開になるのはバックストレートでほんの一瞬になるぐらい、が、バックストレートも全開に入れないほうが良かった。

 しかし、天気が良すぎて参るとは思っても見なかった、どんより梅雨空は大事とだねぇ。

帰ってきた

 9時間半かかって無事帰り着いた。

 アイサイトは便利だったよ、帰途の燃費は17.2km/L

 部屋が灼熱地獄、冷えるまで寝れないじゃないかね!

青森に梅雨は無い!

 青森に梅雨は無い!

 仙人様から聞いていましたが、梅雨が無いとどうなるか分かるかねPC前の諸君!

 真夏が到来していた。

 雲一つない素晴らしい天気!

 そして、パラソルを持ってこなかった・・・

 日差しがものすごかった。

 真夏2

 余りの晴天で困るとはね。
 正直曇りのほうがよかった。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
回転計
検索フォーム
リンク