機械道楽2017

リヤトーアウト!!!

夏バテ

非常に遅い台風の影響で蒸し暑くしかも風がない8月第1周の週末、そんな過酷なケイチューンへ行ってきました。
 3代目 K-TIGERも此の蒸し暑さなため縁側で涼をとって・・・・・?

 到着後、早々に走り出すが、此れが全く走りません、また、曲がらないのに巻く、先週のレースでは良かったのが何故だぁ~!
 が、よくよく見てると、曲がらないわけではない、フロントの入りはいい、しかしリヤがフロントの入りについて来れない感じだ。
 更に、見ていると、どうも左コーナーが巻く!?

 此のパターンは覚えがあるぞ!

 ピットに戻って左右のリヤトーインを見ると、左 トーアウト 右 トーインとゆう、何処かのexpがスーパー10でやっていたような状態だよPC前の諸君!

 最初は、左のトーリン調整ネジが緩んだか、サスシャフトをひん曲げたか!?
 其の可能性大だと、取り付けボルトを緩めてトーアウトを治そうとしたが、ボルトは緩んでない? 
 そのまま 再調整しようとしたら、目一杯トーインが付く位置にしても、左はトーイン0 若しくはわずかにトーアウト!
 其処でサスシャフトを抜いてみたが、ミスミに特注した1本 100円のシャフトは問題なし!

 ここからが大変だった、リヤまわりをバラして左右のサスアームの歪みを調べたり、いろいろみたが原因がさっぱり解らない。
途方肉ていた所で、見ていなかった、リヤハブキャリアを見て見ると、途中を曲げて凝った作りだなと思ったが、こんななことするか?
 反対側、右のリヤハブキャリアを見ると、真っ直ぐだよPC前の諸君!
リヤハブキャリア1
 いやぁ~よくこんなに歪んだなヽ(´∀`)ノ
リヤハブキャリア2
 絶対にトーインなんか付けさせねぇぞ!
 そんなところまで曲がってました。

シビック

 かつて、1/5ではキラムレーシングのシビックのボディが良かったようで、殆どの方がシビックだったのだが・・・

 メーカーでの生産が止まって手に入らなくなっていたのですが、春のマサキカップで、まだ手に入る?ってな怪情報から細い糸を辿って、怪情報ならぬ確定情報と成り、ビートワンレーシングが取り扱うことと成り方々注文となりました。

 トラノスケの所にも「CIVIC如何ですか?」と売り込みのメールが来たので、「ホールデンを2枚注文しておいた」

 其のボディーが先週到着して、それそれ仙人様から受け取ってきた。

 1枚は「バズトスカラー」に塗って練習用

 1枚は、今「KintaPaintFactory」にて塗装中と同じパターンで塗ってもらい「銭臼XR4」用として来年用にとっておく!

 しかし、此の形のシビックは見たことがなかったね(実車)
 

センタッックスクラッチ how-to

 これは、taoさん今晩わぁ~(*´ω`)┛

 センタックスクラッチhow-toビデオは此方に!

カレラカップ五戦 Aメイン決勝 困るよ君ぃ~♪

 さてAメイン決勝前の事だよ

ザッキー:トラノスケさん、タイヤ大丈夫ですか?

トラノスケ:ナットは締め直した!

ザッキー:電池は大丈夫ですか?

トラノスケ:プロポは昨日充電したし、受信機用電池は交換した。

ザッキー:・・・・・トラノスケさんには何かオチがあると思うんですよね!

そんな、不吉な未来を見通しては困るね!

 Bメインは15分で39周回、Aメイン30分で38周回は可能か? 其処まで行けばあわよくば表彰台が・・・

 こうした目論見でスタートしたAメイン、真のRCベテランtom4さんはプレートを入れてエコじょうだいだが、此方はプロポの設定で擬似エコモードを設定しているので、パワーを抑えているので安定して走れるようにしてある。
 前半は各車に離されるだろうが後半勝負!

 トコトコ走っていると右バンク外側で銭臼expが草刈りをしている。

 目論見道理順調に我が戦術が進んでいるよo(^▽^)o

 次に、だいぶ離されていた筈のtaoさんに追いついた。
 そしてtaoさんのメカテックを抜いて・・・・・
 その後はマサキカップの悪夢を思い出すかのような展開と成ったのだがその際中、草刈りをしていたはずの銭臼exp:ito選手が追い上げてきた。

 此処は高速S先のターン入り口でアウトにラインを譲ったのだが!
 此処でミサイル警報が鳴り響いいた直後、「黒・白・赤」にカラーリングされたシボレーがね6時方向からDOKOOOOOM!

 うわぁ~~~!

 昨日、WAKOSに食らったと同じところでパトリオット発生!

 幸いノーダメージなのでその後も順調に走っていた処。

 またまた銭臼exp:ito選手が!

 今回はストレートでアウトに寄って避けようじゃないか!
 こっちはエンジンパワーを抑えてストレートスピードはAメイン決勝中最低だろうしね。

 相手は銭臼exp:ito選手だよPC前の諸君、さっきのは「弘法も筆の誤り」今回は無問題!

 のはずが!

 今回もミサイル警報が鳴り響いたと思ったら、DOKOOOOOM!
 
 流石にストレートでは、ビビった!

 今回も、接触だけで済んだ、しかし、決勝中、2度となるとは、困るよ君ぃ~♪

 銭臼exp:ito→銭臼:ito  exp(イーエックスピー)は付かなくなるねぇ

 と、こんな予想駄にしない展開の中でも、taoさんと順位を競リ続けて迎えた丁度折り返し当たりだった。
 何だか左コーナーが曲がらなく成ってきてる、タイヤか?
 と思ったら、シケインに向かう銭臼の右フロントタイヤに、20度位のキャンバーが着いているのが見える。

 ナックルを留めている5ミリのトルクスビスが緩んで脱落・・・・・

 くっ! ザッキーがあんな未来を見通さねばこんなことには・・・・・

 こうして、順調に見えたAメイン決勝、タイヤ・電池はチェックしたが、「増し締め」を抜かったばかりに牡丹餅には預かれなかった第5戦だった。

後書き
 レース後、デニーズにて夕飯中

銭臼 ito::あんだん今日は、(決勝中)余裕がなくておいねったよぉ~

トラノスケ:ほう~それで、高速S字の先でパトリオット発射と!?

銭臼 ito:ニシャ、ストレートでブレーキかけたっぺや?

 真のRCベテランtom4さん、ここにも、ABEちゃんの様に、言い訳をしてる人が居ますよ(」*´∇`)」

カレラカップ第五戦 序章

 今にして思えば。、前日の土曜日から兆候は有った。

 土曜日、PMTX5を試すべくコースイン、タイヤを温めていると、WAKO'Sと書かれたアルファロメオがえらい勢いで迫ってくる。

 タイヤのグリップはまだ上がらない、此処は当然らいを譲らねばならんよ!

 てな訳で、高速Sの先のターン入りでアウトに寄ってラインを空け・・・・・

 アウトに膨らんでラインを空けたら、WAKO'Sと書かれたアルファロメオが此方に来るじゃないかね!

 のうぅぅぅぅぅぅぅぅ~!

 「まっ弘法も筆の誤り」とはよく言ったものだが、しかし、expが此れでは困るねぇ~ってな事があった。

予選&Bメイン

 予選1回目は、GRP M1、エンジン降ろしたてなので、燃調は濃い目、なのでタンク1/3でアタック。
 真のRCベテランtom4さんのタイヤに優しく、を心がけ、7番手タイム、タイヤも程よく溶け、表面の荒れも殆どなかった。

 予選2回目は、PMTX5、此れは去年の夏に買ったのが残っていたので、今使い切らないと出番が2度と来ない!
 コース改修後のケイチューンはタイヤに優しすぎて硬めのタイヤに熱が入りにくい→グリップが上がってこない。
 ピットロードに銭臼を置いてスロットルを吹かすが、車が動かないぞ?

 操縦台から降りて、車をチェックすると、デフは回っているが?

 まさかドライブシャフトが、とおもったら、右リヤタイヤにナットがね・・・・・・

 1回目よりタイムアップはしたが、他選手の伸びのほうが大きく予選10番手
 Bメイン3番手となった。

Bメイン

 さて、決勝は上位3代が勝ち上がれるのだが、「トラノスケ」の前2台は、T石&O木選手、そして後ろはザッキー&I澤選手と、此れは結構厳しい展開を予想ししていたのだよPC前の諸君!

 スタート後、T選手を交わした後は、後方で熾烈な順位争いでペースが上げられなかったのが、トップで抜きん出れて予想外に楽な展開になり、危なげなくAメインに勝ち上がれた。

 明日の「Aメイン決勝編」へ続く!

 PC前の其処の君! 楽しみに待つがいよ!(*´∀`人♪

 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
回転計
検索フォーム
リンク